crollaluark_map

Crollalu Ark(クローラルアーク)辺境の街ラック・ノウ

木々が生い茂り緑豊かで手付かずの自然が多く残る秘境の地。森の奥地に行くに連れて妖精の力が強くなり、人の侵入を拒んでいる。森との共存を許された人達だけが農業や農園を開き豊かな果物や野菜を栽培しています。森のほとりにある素朴な街ラック・ノウにはそんな人たちが暮らしているのです。ラック・ノウにはうーりん農園をはじめ色々な農場があります。クローラルアークの人たちは自然を愛する人たちが多く、動物たちといつも楽しく暮らしています。
クローラルアークの森の奥地には大きな山脈があり、その先の光が届かない黒い森には伝説の魔女や魔獣などが住んでいます。
伝説の魔女が作った街ウィッチズ・ ギルドが黒い森のどこかにあるらしいが、魔法の結界が張られていて滅多に入ることができないようです。
最近ではラビットキングなる者が辺境のほとりにバニーバニー城を作って大騒ぎするので黒い森の魔女は気になってるようです。
ラビットキングが迷惑にも大騒ぎしたので魔法街の結界が解けてしまい、多くの旅人が訪れる街になってしまいました。
大魔女うるりらは旅人達を迎えるためにウィッチズ・ガーデンをオープンしました。
この島の北に浮かぶシメ縄島は東方の国の文化の影響を受けています。異国の寺社が祀られな不思議な空気が漂います。ここらでは戦国時代に建てられた武家屋敷や忍びの館などが残っていて、今では旅人を迎えるお店になっています。その中でも戦国の時代に使われた名刀・名銃を扱う「刀剣茶屋千日亭」には逸品を手に入れようと強そうな人達が訪れてきます。しめ縄島には黒猫のシャ賊の本拠地でもあり、魔女の箱舟から盗んだ金を元手に百万石遊戯場という賭場を開いて荒稼ぎしてるようです。